新規登録 ログイン画面 マイページ
C2RTLフレームワークによる高位システム設計検証環境

高い抽象度のC++記述によって、プロセッサ、HWアクセラレータ、バスなど

すべてのSoC回路IPを効率的に設計・検証を行い、同時に高品質RTL記述を自動合成する

C2RTLフレームワークについてご紹介します。

オンデマンド配信

オンデマンド配信を視聴するにはログインが必要です。
東京工業大学 工学院情報通信系 教授一般財団法人新システムビジョン研究開発機構 一色 剛 氏氏
東京工業大学 工学院情報通信系 教授一般財団法人新システムビジョン研究開発機構
代表理事
一色 剛 氏

現職:東京工業大学 工学院情報通信系 教授 System-on-Chipアーキテクチャ設計手法、Application-Specificプロセッサ設計、 マルチコアSoC設計、機械学習アクセラレータ設計、等に従事。